制度の概要

対策の背景と目的

対策の背景と目的

農村地域には、私たちが生きていくために必要なお米や野菜が作られている田んぼや畑があります。そして、たくさんの生きものや美しい景観、豊作に感謝する伝統文化が育まれています。

しかし、今、農家の減少や高齢化などにより、豊かな農村の恵みを維持することが難しくなりつつあります。

そこで、みんながいきいきと暮らし、農家や地域のおとなから子どもまでがチカラをあわせて行う、農地や農業用水などを維持保全する活動、田んぼや水路の生きものの調査、 きれいな花を植えたりする活動などを応援しています。

農地維持支払交付金と資源向上支払交付金から構成されます。
?農村での農地維持支払交付金と資源向上支払交付金とは?
?農村での農地維持支払交付金と資源向上支払交付金とは?
?農村での農地維持支払交付金と資源向上支払交付金とは?

農地維持支払交付金

農地法面の草刈りや水路の泥上げ、農道の路面維持などの基礎的な保全活動にくわえ、農村の構造変化に対応した体制の拡充・強化、保全管理構想の作成などを支援するための交付金です。

?農村での農地維持支払交付金と資源向上支払交付金とは? ?農村での農地維持支払交付金と資源向上支払交付金とは? ?農村での農地維持支払交付金と資源向上支払交付金とは?

草刈り

泥上げ

砂利の補充

交付単価(10aあたり)

  ①農地維持支払
2,200円
1,500円
草地 180円

資源向上支払交付金

水路・農道・ため池の簡単な補修や、農業排水の透視度調査、生きもの調査、施設の長寿命化のための活動など、地域資源の質的な向上を図るための共同活動を支援するための交付金です。

?農村での農地維持支払交付金と資源向上支払交付金とは? ?農村での農地維持支払交付金と資源向上支払交付金とは? ?農村での農地維持支払交付金と資源向上支払交付金とは?

農道の部分補修

排水の透視度調査

用水路の補修

交付単価(10aあたり)

  ②-1 資源向上支払
(共同活動)
②-2 資源向上支払
(施設の長寿命化)
標準型 環境保全型
1,300円 1,800円 4,400円
800円 1,080円 2,000円
草地 120円 180円 400円

③組織の広域化・体制強化:40万円/組織 ④地域資源保全プランの策定:50万円/組織

?農村での活動組織と広域活動組織とは?
?農村での活動組織と広域活動組織とは?

活動組織とは

①農業者のみで構成される活動組織(農地維持支払のみ対象となります)
②農業者および地域住民・地域団体などで構成される活動組織

広域活動組織とは

旧市区町村単位などの広域エリアにおいて、集落、土地改良区、地域団体など、地域の実情に応じた者から構成される組織で、組織設立などへの支援も受けることができます。

事業計画の対象とする区域が、昭和25年2月1日時点の市区町村区域程度、または事業計画の対象とする区域内の農用地面積が200ha以上を有していることが基本です。
※経営面積が小さい条件不利地域では100ha以上でも可。

農村での活動組織の例
農業者
地域住民
都市・農村交流型
農村での地域住民参加型

こんなこともできます

再生可能エネルギー

身近な農業用水路の落差などを利用して、
効率よくエネルギーを取り出せる水車により
小規模な発電を行い、集落の街灯などに
活用するとともに地域の環境学習に役立てます。

再生可能エネルギー

農村で豊かな生きものを育む取り組み

生きものの生息環境を保全するための
水路魚道の設置など、
生態系に配慮した取り組みです。

農村で豊かな生きものを育む取り組み

農村での獣害防止対策

農山村地域において
シカやイノシシなどによる被害が
深刻な状況にあり、
農業者の生産意欲の減退や
耕作放棄地が増加し問題となっています。
こうした獣害の軽減を図るために
獣害防護柵の設置、補修を行います。

農村での獣害防止対策

農村での景観形成

農地や水路、ため池、農道の土手などに
景観植物を植えて
美しい農村景観を創出します。

農村での景観形成